企画展の紹介

開催中の企画展

米国国立公文書館調査報告展 COMBATING KAMIKAZE
-特攻作戦を分析した米軍-

2022年11月03日(木) 2023年01月31日(火)

場所:知覧特攻平和会館 企画展示室

米軍が分析した日本の航空特攻作戦の映像3本を全編公開し、映像を通して特攻の史実を日米双方の視点から考える。

 昭和20 (1945) 年3月26日から始まった沖縄での陸軍特攻作戦は、当時沖縄戦に参加した米艦船によって記録されました。現在、その記録を基に作成したと思われる対特攻作戦の映像が米国国立公文書館に保存されています。知覧特攻平和会館はその映像を入手し、すべての音声を文字に起こして翻訳し、今年3月に発行した『知覧特攻平和会館 紀要』で公開しました。
 本企画展では、さらに映像の分析を行い、「米軍視点から見た特攻」を伝えるものとして紹介します。
 この映像資料を通して、特攻の史実を日米双方の視点から考えていただきますと幸いです。



mn1_00:18:25.jpg

米海軍の戦闘報告映画「特攻攻撃との戦い」。映像は3本あり、それぞれ7~8分です。



mn1_05:21:16.jpg

米軍は特攻機の突入方法を分析し、図に起こしました。



mn1_08:18:19.jpg

突入する直前の特攻機を捉えた瞬間も映像で見ることができます。



mn3_05:01:24.jpg

日本軍の特攻に備え、米兵たちは配置につき見張りを強化しました。



※掲載写真、映像は全て米国国立公文書館所蔵です。

会場イベントのご案内

学芸員によるギャラリートーク

企画展示室

学芸員が企画展示室で展示資料を解説するイベントを実施します。

開催日時:11月12日(土)、12月10日(土)、2023年1月7日(土)
10:30~11:00/14:00~14:30(各回30分)

・参加費無料(入館料のみでご参加できます)

・事前申し込み不要。時間になりましたら会場までお越しください。

・定員30名

※イベント中は上映する映像の音声を一時止める場合がございます。

※新型コロナウイルス感染予防に準ずる形での開催となりますため、当日参加人数を限らせていただく場合がございます。予めご了承ください。

INFORMATION

通常通り開館しています

開館時間:9時〜17時
(入館16時半迄)