企画展の紹介

開催中の企画展

知覧特攻平和会館 開館35周年記念企画展 千尋の海にいきて―伊舍堂用久中佐と家族の絆―

2022年03月26日(土) 2022年06月11日(土)

場所:知覧特攻平和会館 企画展示室

沖縄戦最初の陸軍特攻隊長として出撃した伊舍堂用久中佐と、
彼を支えた石垣島の家族の物語

 沖縄県の石垣島で生まれた伊舍堂用久中佐は、離島出身という困難を乗り越えて昭和十三年に東京の陸軍予科士官学校に入学しました。彼の入学を家族は心から喜び、門出を祝いました。
 陸軍士官学校を卒業後、飛行戦隊のパイロットとして中国や台湾での作戦に参加し数々の戦地を経験した伊舍堂中佐は、昭和二十年三月に郷里の石垣島へ戻ってきました。しかしその帰郷は「特攻」という必死の出撃任務を遂行するためでした。
 「千尋の海にちるぞたのしき」と辞世の句を詠み、故郷の海に出撃した伊舍堂中佐。長い間会えなくても、国のために日々励む彼を心から応援した家族。今回の企画展では伊舍堂家から特別に借用した遺品を紹介しながら、お互いを想う心を忘れずに生きた伊舍堂用久中佐と家族の絆について迫ります。



IMG_2089-HP用trim.jpg

沖縄戦の陸軍特攻作戦初日にあたる昭和20年3月26日に出撃した伊舍堂用久中佐。
彼とともに、計31名の特攻隊員が石垣島から出撃しています。




2019.05.22-0022-HP用trim.jpg

伊舍堂中佐の陸軍士官学校合格を家族に知らせると、
すぐに母から祝いの電報が届きました。(伊舍堂家より借用)
当館での展示は今回の企画展が初となります。




2019.05.22-0073(5)-HP用trim.jpg

台湾での任務に移動する途中、故郷の石垣島を通ることを知った伊舍堂中佐は、
自分の安否を知らせる手紙を飛行機から投下しました。
その手紙は、77年経った今でも大切に残されています。(伊舍堂家より借用)
手紙を入れた通信筒とあわせて展示します。




IMG_1449-HP用trim.jpg

伊舍堂家は遠く離れていても、お互いを想う気持ちは変わりませんでした。
企画展では、伊舍堂家にまつわるエピソードもご紹介します。




会場イベントのご案内

企画展講座「伊舍堂中佐と誠第17飛行隊の軌跡」

講座に関するお問い合わせ…TEL:0993-83-2525 FAX:0993-83-4859

伊舍堂用久中佐は昭和19年12月に誠第17飛行隊の隊長に任命され、隊員たちと共に石垣島へ向かいました。本講座では伊舍堂中佐の軍歴を中心に、誠第17飛行隊の編成経緯などについて当館学芸員が詳しく解説します。

開催日時:3月26日(土)、4月16日(土)、5月14日(土)
10:30~11:00/14:00~14:30

・参加費無料(入館料のみでご参加できます)

・事前申し込み不要

・各回定員30名

ぜひお気軽にご参加ください。

INFORMATION

通常通り開館しています

開館時間:9時〜17時
(入館16時半迄)