企画展の紹介

開催予定の企画展

女学生が見た戦争
―知覧高女生と特攻隊員―

2024年03月26日(火) 2024年07月18日(木)

場所:知覧特攻平和会館 企画展示室

学ぶ機会を戦争によって失った女学生
彼女たちの視点から特攻作戦と戦争について考える

 太平洋戦争末期、男性の多くは兵役につく一方、女性や子どもは銃後で工場作業や奉仕活動に協力しました。知覧にあった高等女学校に通っていた生徒たちも長崎の軍事工場で魚雷作りに従事したり、特攻基地となった知覧飛行場で奉仕活動に参加しました。79年前の生徒たちは、学ぶ機会を戦争によって失ったのです。
 本企画展は、南九州市に所在した高等女学校に通った女学生たちの戦争体験を紹介すると共に、彼女たちが奉仕活動を通して交流した特攻隊員の関連遺品を展示します。



写真(知覧高等女学校 佐多 ヒミ子)-6.jpg

南九州市には複数の高等女学校がありました。

彼女たちはこの学校で裁縫などの家政科目を中心に学びました。



写真(なでしこ隊と特攻隊)-4.jpg

知覧高女の生徒たちは昭和20(1945)年3月から知覧基地へ奉仕作業に向かいます。

食事の配膳や洗濯を行うだけでなく、出撃直前の特攻隊員と語らい交流するときもありました。



IMG_3832.JPG

なでしこ隊「特攻日記」(南九州市指定有形文化財)

知覧基地へ奉仕作業に行った前田笙子さんは、特攻隊員を忘れてはいけないと

基地での出来事を日記に書き留めます。

本展では前田笙子さんと交流した特攻隊員の遺書も展示します。

会場イベントのご案内

学芸員による関連講座

学芸員が企画展の内容について詳しく解説します。

日時:2024年3月30日(土)、427日(土)、5月25日(土)

時間:10:30~、14:30~ 約30分

会場:講話室

・参加費無料(入館料のみでご参加できます)

・事前申し込み不要。時間になりましたら会場までお越しください。

会場イベントのご案内

学芸員によるギャラリートーク

学芸員が展示のみどころを紹介します。

日時:2024年4月13日(土)、5月11日(土)、6月8日(土)

時間:10:30~、14:30~ 約30分

会場:企画展示室

・参加費無料(入館料のみでご参加できます)

・事前申し込み不要。時間になりましたら会場までお越しください。

INFORMATION

通常通り開館しています

開館時間:9時〜17時
(入館16時半迄)