• English
  • 簡体中文
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • 携帯サイト

ホーム > 今日の平和会館

ここから本文です。

今日の平和会館

2018年5月

5月28日(月)

今日の天気は雨。鹿児島は梅雨に入り、雨が降る日が続きそうです。

さて、平和会館の遺品室には、特攻隊員を名前や出身地域ごとの検索したり、遺書・手紙を読むタッチパネル型の端末があります。ご来館の際には、ぜひご利用ください。

5月27日(日)

平和会館の玄関前から見上げた空を撮影しました。今朝は、雲一つない青空が広がっています。

【本日の語り部の講話、特攻解説映像の上映時間】(所用時間:各約30分)

■語り部の講話:10時20分、13時、14時40分

■映像の上映:9時30分、11時10分、12時、13時50分、15時30分

5月26日(土)

73年前の5月24日、熊本県の健軍飛行場(現:熊本市東区)から97式重爆撃機が12機出撃しています。米軍に占領された沖縄の飛行場に強行着陸を行い戦闘をする部隊です。写真は作戦に使われた機体で2名のパイロットと12名の戦闘要員が乗り込みます。義烈空挺隊と呼ばれていましたが出撃までの様子が当時の日本ニュースで紹介されています。その映像はNHKのHPで拝見できます。(戦争証言アーカイブス → ニュース映像 → 第252号 )

 

【本日の語り部の講話、特攻解説映像の上映時間】(所用時間:各約30分)

■語り部の講話:10時20分、13時、14時40分

■映像の上映:9時30分、11時10分、12時、13時50分、15時30分

5月25日(金)

 1年で1番、当館の入館者数が多いのは、実は5月です。特に、修学旅行や遠足で多くの児童・生徒さんたちがいらっしゃいます。今日も今朝から多くの児童・生徒さんたちがいらっしゃって、語り部の講話を聞いたり、熱心に展示を見ていらっしゃいました。

 写真は、学校や一般の方々からいただいた千羽鶴です。思いのこもった千羽鶴は、こうして来館者の皆さまにもご覧いただいております。

 

5月24日(木)

平和会館のお隣に、ミュージアム知覧があることをご存知でしょうか?ここは、市立の博物館で、地元の歴史や文化を紹介しています。

そのミュージアム知覧の前にある大きな木の下に、めだかが飼われています。今朝も元気に水の中を泳いでいました。当館にお立ち寄りの際は、ぜひ覗いてみてください。

 

 

5月23日(水)

写真は、平和会館前のツツジを撮影したものです。今日は昼過ぎまで雨が降っていましたが、午後から雨があがっています。

さて、明日5月24日は、73年前の昭和20年5月24日に、義烈空挺隊が特攻出撃した日です。空挺隊は、アメリカ軍がいた沖縄の飛行場に強行着陸し、特攻攻撃を行う空挺特攻です。73年前の今日、出撃を控えた隊員がどのような思いでいたのか、しのばれます。

5月22日(火)

昨日・一昨日は、台風のような強い突風が吹いていました。今朝はだいぶおさまったものの、時折り、旗がはためく程度の風が吹いています。

5月21日(月)

第29回スピーチコンテスト「平和へのメッセージfrom知覧」の応募原稿が、続々と届いています。応募〆切は、明日5月22日まで(必着)です。

5月20日(日)

平和会館では、第二次世界大戦で特攻戦死された隊員の遺品や遺書などのほか、特攻隊員の出撃の映像や空襲を受けた写真などを公開・展示していますが、資料の更なる充実を図るため、今年度の事業で、当時の映像などの資料収集に取り組むこととしています。

収集した資料は、今後、館内展示などに活かしていきますので、ご期待ください。

【本日の語り部の講話、特攻解説映像の上映時間】(所用時間:各約30分)

■語り部の講話:10時20分、13時、14時40分

■映像の上映:9時30分、11時10分、12時、13時50分、15時30分

5月19日(土)

今朝の事務所の温湿度計を確認したら、湿度が64%もありました。外も湿気が多く、じめじめとしているようです。

【本日の語り部の講話、特攻解説映像の上映時間】(所要時間:各約30分)

■語り部の講話:10時20分、13時

■映像の上映:9時30分、11時10分、12時、13時50分(※講話室)

本日のスケジュールは、イレギュラーとなっております。ご来館の際は、入口横の案内板で時間をご確認ください。

5月18日(金)

明日・明後日の2日間、知覧平和公園で九州地区大学男女ソフトボール大会が開催されます。平和会館の多目的球場・陸上競技場は、大刀洗飛行学校知覧分教所の飛行機の格納庫があった場所です。かつて、飛行機のパイロットを夢見る若者が飛行訓練に明け暮れていた場所に、現在の若者が集い、スポーツで汗を流します。

5月17日(木)

治夫ハ笑ッテ死ンデユキマス・・・ 

治夫ハアメリカノ五千人余リノ母ヲ泣カセルノデス・・・

今翼ノ上デ走リ書キヲシテヲリマス・・・

18歳で特攻戦死した袴田治夫少尉が、知覧飛行場から出撃する直前に、飛行機の翼の上で書いた絶筆です。現在、企画展で公開しています。

5月16日(水)

先日、毛髪式温湿度計を2台購入しました。毛髪が空気の乾湿によって伸縮する動きを利用して湿度を図るものです。新規購入した機械は、現在遺品室の一角で試験運転させています。

平和会館では、このほかデジタル式の温湿度を用いて11か所で定期観測して、展示・保存環境を保つように努めています。

5月15日(火)

知覧など、薩摩半島の海岸地域には、本土決戦に備えて、海上特攻である震洋艇の基地が配備されていました。

写真は、平和会館に展示している、南さつま市の基地跡の海底から引き揚げられた震洋艇のスクリューです。終戦時に、基地解隊に伴って沈められたものの一部と考えられます。知覧にあった聖ヶ浦震洋隊基地跡の海岸の海底からも引き揚げられています。

5月14日(月)

昨日とはうってかわって、朝から強い日差しが照っています。

さて、平和会館では、ベビーベッドと授乳スペースを、談話室の奥に設けています。小さいお子様連れでお越しのお客様は、どうぞこちらをご利用ください。

5月13日(日)

今日は1日雨模様です。屋外の予定を切り替えて、知覧特攻平和会館で平和の尊さや家族の絆と向き合う一日にしませんか。

【本日の語り部の講話、特攻解説映像の上映時間】(所用時間:各約30分)

■語り部の講話:10時20分、13時、14時40分

■映像の上映:9時30分、11時10分、12時、13時50分、15時30分

5月12日(土)

本日の語り部の講話と映像による解説上映のお時間が、イレギュラーとなっています。ご来館予定の方は、ご注意ください。

【本日の語り部の講話、特攻解説映像の上映時間】(場所:視聴覚室,所要時間:各約30分)

■語り部の講話:13時、14時40分

■映像の上映:9時30分、10時20分(※講話室)、11時10分、12時、13時50分、15時30分

5月11日(金)

現在開催中の企画展では、三角兵舎跡の発掘調査で出土した遺物を紹介しています(5月1日記事参照)。

写真は、平和会館の隣に復元している三角兵舎内を撮影したものです。ここで注目していただきたいのは、入口付近に置かれたテーブルです。発掘調査でも実際に、入口付近からビール瓶・サイダー便などが見つかっています。

5月10日(木)

平和会館には、市役所職員だけでなくいくつかの組織が入って仕事をしていますが、中には、館内の清掃業務にあたる職員もいます。毎朝、開館までの時間に、玄関前やロビー、遺品室の主要な場所を清掃して、お客様を迎える準備をしています。

5月9日(水)

スピーチコンテストの応募が続々と届いています。応募方法は、日本語のスピーチ原稿を400字詰め原稿用紙(一般・高校生4~5枚、中学生3~4枚)に縦書きで書いて、左上をホッチキス止めしてお送りください。応募期間は、5月22日まで(必着)です。皆さまからの応募をお待ちしています。

1次審査…原稿による書類選考、2次審査…スピーチ音声データによる選考

最終審査…8月15日のスピーチ発表による審査

5月8日(火)

平和会館の遺品室の中央に、飛行機「隼」の模型があります。以前は、飛行機「飛燕」の実物を展示していた場所です。その背景には、開聞岳の写真があります。開聞岳は、薩摩半島南端にそびえる標高924mの山で、知覧から出撃した特攻隊員は、日本本土の見納めにと眺めました。

遺品室の写真は、南側の上空から撮影されたものです。来館者に対して、沖縄へ向かう特攻機の様子を、南の空から見せるという設定で展示しています。

5月7日(月)

今日は、朝から曇り空で、時折り雨が降っています。一日中、雨の予報ですので、お出かけの際は傘を持ってお越しください。平和会館では、傘たてを設置しておりません。玄関前で、傘袋に入れてからご入館していただいております。

5月6日(日)

平和会館のリーフレットには、一般用とは別に、こども向けのものもあります。一般用とは内容も少し異なります。小中学生にとって理解しやすいように工夫した内容ですので、小中学生の社会科見学や修学旅行など、ぜひご利用ください。

5月5日(土)

5月3日、知覧特攻基地戦没者慰霊祭が開催されました。(※写真はその時のです)

全国各地からおよそ800名のご遺族、関係者が参列され、特攻戦死された隊員の冥福をお祈りしました。毎年参列される方は事務所にも顔を出してくれますが特攻隊員のご兄弟、戦友の方々はお年を召され、昨年まではお顔を拝見した方もお見えになられないことがありました。今年もお会いできて嬉しいこともあれば、訃報を知り寂しい気持ちになることもあります。亡くなったご遺族・戦友の想いも含め、いつまでも特攻隊員の事を語り伝えねばと思いを新たにする日でもあります。

今日も多くのご来館が予想されますので下記スケジュールの他、状況に応じて臨時で映像の上映も行います。その際は館内放送でお知らせ致します。

【本日の語り部の講話、特攻解説映像の上映時間】(所用時間:各約30分)

■語り部の講話:10時20分、13時、14時40分

■映像の上映:9時30分、11時10分、12時、13時50分、15時30分  +  臨時上映

5月4日(金)

4連休の2日目。今日もお天気がよさそうです。

祝日ですので、語り部の講話と映像による解説上映を定時にて行います(左記写真参照)。今日も昨日に続き、多くのお客様のご来館が予想されているため、定時以外でも映像上映を行う予定です。館内放送でお知らせしますので、ぜひご覧ください。

5月3日(木)

今日は、特攻平和観音堂の前で第64回知覧特攻基地戦没者慰霊祭が開催され、たくさんのお客様が来館されます。館内の混雑が予想されますので、時間に余裕を持ってお越しください。

そのため、本日は通常の祝日とは異なるスケジュールで「語り部の講話」と「特攻に関する映像上映」を行います。語り部の講話は随時、映像の上映は、9時30分から40分おきとなりますので、ご来館の際はご注意ください。

5月2日(水)

この企画展では、知覧基地から出撃した隊員の残した遺書・手紙・日記などのうち、出撃前日から当日にかけて書かれたと判断できる資料を集めました。

これらは、死期が迫る中にあって、人生の最後に残す言葉として書き記されたものです。遺書を読むと、どのような思いを抱いていたのかを感じ取ることができると思います。活字化した内容をパネルで読み、その下の展示ケース内に収められた実物資料と向きあい肌で感じていただければ幸いです。

5月1日(火)

開催中の企画展、「出撃直前の遺書~特攻隊員が最期に伝えたかったこと~」では、三角兵舎跡の発掘調査から発見されたビール瓶、サイダー瓶、茶碗、歯ブラシ、レコード盤などを公開しています。この機会にぜひご来館ください。

 

 

 

 

※過去の投稿は、こちら