• English
  • 簡体中文
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • 携帯サイト

ホーム > 「特攻」を学ぶ > 特攻隊員の紹介

ここから本文です。

| English |

遺書・手紙類 <藤井 一(ふじい はじめ) 少佐>

<内容>

冷(ひ)え十二月の風の吹き荒(すさ)ぶ日 
荒川(あらかわ)の河原の露(つゆ)と消(きえ)し命。母と共に殉国(じゅんこく)の血に燃ゆる父の意志に添つ(っ)て,一足先き(さき)に父に殉じた哀れにも悲しい,然(しか)も笑つ(っ)てゐ(い)る如(ごと)く喜んで,母と共に消え去つ(っ)た幼ひ(い)命がいとほ(お)しい
父も近く御前達(おまえたち)の後を追つ(っ)て行けることだろう
嫌がらずに今度は父の膝(ひざ)に懐(ふところ)で,だつ(っ)こして寝(ね)んねしようね 
それまで泣かずに待つ(っ)てゐ(い)て下さい 
千惠子(ちえこ)ちゃんが泣いたらよく御守(おもり)しなさい 
では暫(しばら)く左様(さよう)なら 
父ちゃんは戦地で立派な手柄を立てゝ(て)御土産(おみやげ)にして参(まい)ります。
では,一子ちやん(かずこちゃん)も,千惠子ちやん(ちえこちゃん)もそれまで待つ(っ)てゝ(て)頂戴(ちょうだい)。


資 料 情 報
資料型式
遺書・手紙類
数 量
1枚
媒 体
紙,ペン
サイズ(cm)
A4
作成年代
1945年
備考
1944年12月,藤井少佐の妻は,「私達がいたのではこの世の未練になり,思う存分の活躍が出来ないでしょうから,一足お先に逝って待っています」という遺書を残し,長女と次女を連れて飛行学校近くの荒川に身を投げました。 これは,家族が亡くなった後,幼い二人の娘に宛てた手紙です。
作 者 情 報
名 前 <性別>
藤井 一(ふじい はじめ) <男>
年齢
29歳
出身地
茨城県常総市
出身学校
-
戦死年月日
1945(昭和20)年5月28日
戦死後の階級
少佐
出撃基地
知覧
飛行機
二式複座戦闘機「屠龍」(川崎)
部隊名
第45振武隊
出身期別
少尉候補21期
備考