• English
  • 簡体中文
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • 携帯サイト

ホーム > 「特攻」を学ぶ > 特攻隊員の紹介

ここから本文です。

| English |

遺書・手紙類 <安部 正也(あべ まさや) 大尉>

<内容>

愈々(いよいよ)突撃です 必ずやります 

必死必沈(ひっしひっちん) 悠久(ゆうきゅう)の大義(たいぎ)に 生きむ(ん)

死(し)亦(また)生(せい)に通(つう)ず 死(し)亦(また)楽(たの)しからずや

命(めい)降(くだ)る 今ぞ 此(こ)の身を捧(ささ)ぐれば 皇国(こうこく)は 永久に 栄へ(え)まつらむ(ん)

色々と御世話(おせわ)に成(な)りました。厚く御礼(おれい)申上げます 御奮斗(ごふんとう)を祈ります

男子の本懐(ほんかい)之(これ)に過(す)ぐるはなし

正也は幸福者(しあわせもの)です 必勝を信ず

天皇陛下萬歳(てんのうへいかばんざい)

陸軍少尉 安部正也

出撃前認(したた)む(ん)

下関市眞光町(しんこうちょう) 保健所内

安部正也
資 料 情 報
資料型式
遺書・手紙類
数 量
2枚
媒 体
紙,鉛筆
サイズ(cm)
21×15
作成年代
1945年
備考
 
作 者 情 報
名 前 <性別>
安部 正也(あべ まさや) <男>
年齢
21歳
出身地
福岡県古賀市
出身学校
明治大学
戦死年月日
1945(昭和20)年5月4日
戦死後の階級
大尉
出撃基地
知覧
飛行機
二式複座戦闘機(川崎)
部隊名
第24振武隊
出身期別
特操1期
備考
4月29日に出撃し黒島に不時着した安部大尉は,島民とともに手漕ぎ舟で知覧基地へ戻り,5月4日再出撃しました。黒島上空を通過途中,火傷を負い黒島に不時着した隊員と島民へ,薬とお礼のお菓子(キャラメル等)を投下しました。